鼻づまりが発生した時の解決策はクリーンな状態

自律神経と関わる

ストレスで鼻づまり

鼻づまりの原因は人それぞれですが、あまり知られていない原因にストレスがあります。現代人は特にストレスを感じやすい環境で生活していると言われており、毎日の生活の中で多くのストレスを感じてしまうと言われています。鼻づまりは基本的に鼻の中の粘膜にウイルスが付着することによって腫れを伴うことによって発症します。しかしながら、脳みその自律神経と鼻は大きく関わっている為、脳でストレスを感じることによって身体の血行が悪くなり、鼻づまりを引き起こしやすくなってしまいます。毎日の生活が不規則な人や睡眠不足を伴う人は、できるだけ生活習慣を整えるように心がける必要があります。お茶を飲んでリラックスするのも1つの改善方法です。

心と身体は繋がっている

自律神経が原因でストレスを感じるのと同時に心因性鼻づまりと呼ばれるものもあります。この鼻づまりに関しては、そこまで大きい鼻づまりの症状は無いのにも関わらず、鼻が詰まったような感覚に陥ってしまいます。心と身体は深く繋がっていると言われるように、ストレスは身体の不調に大きく関わってきます。スマホやパソコンを使う機会が増えている現代では、これらの電子機器もストレスを感じる一つの要因となっています。就寝直前までスマホをいじっていると、身体は知らずのうちにストレスを感じているので、できるだけ就寝1時間前は電子機器を触るのをやめ、自律神経を休めてあげることが大切です。就寝前にお茶を飲んでリラックスした状態で睡眠すると、鼻づまりを解消することができます。鼻づまりを解決するのに生活習慣は非常に大切なので、極力ストレスを感じにくい生活にしてくことが重要です。